So-net無料ブログ作成

髪を洗った後の一工夫 [ヘアケア]

キレイな髪でいる為には、シャンプーだけでは不十分です。

洗った後のリンス・トリートメント・コンディショナーが、不可欠です。

でも、この3つの名前だけでは、違いってわかりませんよね。ですので、その人の髪に合わせたケア用品として、違いを書きます。

DSC_0114.JPG


まず、リンスです。コンディショナーと似た働きで、髪の表面をコーティングするというものですが、それが弱いんですよ。

シャンプー後、髪がゴワつくのを和らげる程度なんですね。髪の艶を出す商品もありますが、コンディショナー・トリートメントより、はるかに効果は、無いです。

髪の潤いをキープしたり、ダメージをケアする側面はありません。まだ、ティーンで髪の傷みが少なく、その時期特有の多量の皮脂で困る場合など、さらっとしてくれる程度です。ですので、昔からのラインナップにしかありません。

トリートメントは、髪の内側にまで浸透して、痛みを治します。髪の内部のタンパク質が、無理なドライヤーなんかでなくなると、パサパサになります。

が、トリートメントは、そんな髪の内側にまで浸透し、治してくれるんです。シャンプーとセットと言うより、別売りのチューブだったりします。

コンディショナーは、シャンプーとセットで、最近の商品ラインナップに多いです。

髪に浸透出来るトリートメントとは違う役割で、髪の表面をコーティングして、見た目の質感を、艶があるようにします。

ですが、最近、髪の内部までいくトリートメント状のモノもありますので、調べてください。



ドライヤー前のひと手間で髪は劇的に変わる



単に濡れた髪にドライヤーでは、スグ傷みます。その前に講じる対策は?

とにかく、タオルドライをしっかりやりましょう。普通、風呂から出たら、タオルで拭きます。

そこで、タオルドライを、適当に済ませちゃうと、ドライヤー時間が長くて、傷みやすいんです。

タオルドライを、フェイスタオル2本分は、やると、ドライヤー時間の短縮=髪が痛みません。

アウトバストリートメントなど、使っていますか?これ、ドライヤーの熱から、髪を守る、必須アイティムなんですよ。

ドライヤーしてから、こうしたトリートメントを使う人も多いですが、髪が痛み易くて、絡まり易い人は、一度トリートメントを髪に塗ってから、ドライヤー&ブラッシングなどのセットを行うと、髪への負担が大幅に減らせますよ。

乾かす前のブラッシングを、あなどってはいけません。髪が、乱れたままで乾すと、髪が長ければ長い程、髪に、解けない結び目が出来易く、いきおい傷みやすくなりますよ。

ただ、注意点が。無理にやブラッシングしちゃダメです。あくまで、絡まり過ぎたトコを、そうっと、毛先から、ほぐす感じです。

いっそ、タオルドライだけで、ドライヤーは使わない。あるいは、ドライヤーの冷風だけで乾かす方法もあります。が、手間がかかってしまいます。


nice!(38)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 38

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます