So-net無料ブログ作成

白髪染めは髪の傷みと薄毛の原因! [ヘアケア]

859138.png


3-40代にもなると、白髪が気に成りますよね。見た目の為には、2週間から1ヶ月のペースでやるのが良いと言います。

でもそれを遵守しちゃうと、薄毛になる人も有ります。

やっぱり白髪染めを、見た目キープが出来る頻度でやってしまうと、絶対髪は傷み、薄毛まっしぐらです。

白髪染めのメカニズムが問題なのです。髪のキューティクルを、薬剤で強引に開けて、染料を入れちゃうんです。

だから、相当に強い薬剤なんです。白髪染めは。あるいは、薬剤が、当然頭皮へも付きますが、これが毛穴に入って、刺激から脱毛に成り得ます。

こうした、きつい白髪染めだから、髪は傷み、やせ細って薄毛になります。

でも白髪は気に成りますよね?こうした弊害なくして、白髪を染められるのでしょうか?

白髪が染まるカラートリートメントは、強い薬剤が入っていませんよ。薄毛にならず白髪染めが可能です。

製品によっては、育毛成分なんかもあり、染める毎に髪が、しっかりしてくる、非常に良い白髪染めと言えるでしょう。

あるいは、ヘナですね。赤茶けた色に成ってしまいますが、ジーンズの染料:インディゴ入りのにすれば、日本人らしい黒髪が出来ます。

トリートメント効果は絶大で、若い頃みたいな艶がある髪に成れます。


ヘアケアしながら白髪を染める方法



白髪染めシャンプー・トリートメントですと、ヘアケアしながら白髪を染められます。

でも、効果をマックスに出したいですよね。

白髪染めシャンプー・トリートメントの、コスパの良い使い方ってあるんです。

まず、洗い終わってスグ、シャンプーを濯がないようにしてください。

放置プレイする程に、白髪に成分が行き、しっかり黒く成れます。できるだけ泡のついた髪でいて、インターバルを置いてから、流しましょう。

湯冷めすると思ったら、浴室暖房を入れてください。

なお、使用するシャンプー・トリートメントは、量を多く。この方がしっかり染まります。

シャンプーをする際にシャンプーの量を多く使うことで早く白髪が染まります。

中には、白髪が染まる色素が有るんで、ケチってしまうと、白髪が黒くなってくれません。

洗髪の回数も、増やします。冬場でも、毎日洗髪です。

オススメは、利尻昆布が入っているカラーシャンプー・トリートメントです。

昔から、海藻類は髪に良いと言われているように、髪だけでなく頭皮もケア出来ます。

いわゆる白髪染めよりは、染まり方はソフトです。ですがカラーシャンプー・トリートメントは、髪をやせさせず、パサつかせず、確実に白髪染めが、出来るんです。

また、服を脱いでのお風呂での、シャンプー・トリートメントなんで、後ろの方が染めにくい、なんて事態は、有り得ません。

もっと知りたい方はこちらをご覧ください→白髪染めトリートメントの使い方



タグ:白髪染め
nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます