So-net無料ブログ作成

木?猪?豚?ヘアブラシの毛は何がいい? [ヘアケア]

9 木?猪?豚?ヘアブラシの毛は何がいい?


天然毛のヘアブラシで、毛の種類は、木・猪・豚が、多いです。それぞれ、特徴があります。

木製ブラシは、ウッドピンとも呼ばれています。

持ち手が木なのは多いですが、それだけでなくて、毛=ピンも木のヘアブラシです。

硬そうに見えますが、意外と弾力性があって、使い心地は、かなりソフトです。

毛の目が粗く、頭皮に、程よく刺激を与え、ブラッシングの際に、絡まった毛をほぐすのに、最初に使うのが良いでしょう。

安いプラスチックのブラシと違って、静電気で毛が絡まないのも、大変に魅力的です。

猪毛は、本当に弾力性があり、それでいて髪をしっかりキャッチします。

ただ、猪毛はレアなので、お値段が張るのが、アレですね。

猪の毛は、丈夫で硬い毛で、攻撃の際に逆立ち、長い毛になると15㎝にも及びます。

それは、天然皮を縫うのにも使われる位です。

他には家畜の手入れブラシでも、最高らしいです。ですから、人に使うと、良いのです。

豚毛は、ブラシの毛として使われてきた歴史が長いです。毛が密集していて、コシがあります。

それでいて、やわらい感じ。ですが、触ると硬く、チクチクします。

採れ易いので、リーズナブルで、天然毛ブラシでは、最も多いです。

そこへもって、軟豚毛は、やわらかい白豚毛+かたい黒豚毛のmixです。

硬いのが好きでない人は、豚毛でも、軟豚毛が良いでしょう。


メイソンピアソンって何?



メイソンピアソンブラシは、全ての毛質が網羅されていて、品質が良いのが特徴です。

硬質猪毛・標準猪毛・軟質猪毛・ナイロンミックスというのが、ブラシのラインナップです。

ダメージがひどくて、櫛通りが極めて悪い髪質であったとしても、です。

メイソンピアソンを使い出すと、数回位でスグに効果が出ます。

あれだけ悪かった髪質が、しっとりしてくるんです。触った感じも、見た目も、俄然良くなります。

値段が張るので、躊躇されがちですが、もっと早く買えばよかったと言う声が多いです。

使い始めは、ブラシの毛の頭皮への刺激が、やや痛く感じます。

ですが、慣れれば気持ち良くなります。梳かし終わる頃になると、頭皮がポカポカになります。

メイソンピアソンののキャッチコピー、植毛部の栄養を髪全体にが実現。髪質が全く変わったかような、使用感なんです。

メイソンピアソンは、10種類以上のヘアブラシがあります。購入しようとすると、どれを選んだらいいのか?迷います。

ヘアブラシのサイズと、ブラシの毛質、生活シーン(家用か携帯用か)、好み、価格を総合的に見たら、ヘアケアにどれがふさわしいか?わかってくるので、だいたいこれ、とわかるので心配ありません。

更に詳しい情報はこちら=メイソンピアソンの美髪効果がすごい!

nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 32

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます