So-net無料ブログ作成

髪がゴムのように伸びる!その原因は? 傷んだ髪のごまかし方!? [ヘアケア]

傷んだ髪だから、ゴムみたいに伸びてしまうんです。そんな髪になるのには、原因があり、そうならない為の対策 も講じられます。

髪は死んだ細胞ですから、本質的にリカバリーは出来ません。ダメージヘア専用のヘアケアコンディショナーなどを使ったとしても、見かけだけです。

まず、ヘアダイ・パーマなどのアルカリ剤が、髪の艶の元であるキューティクルを剥がして、髪の内側の栄養・水分が漏れ出て、バサバサになるんです。

髪がゴムのように伸びる


なるべく、避けた方が良いです。白髪が気に成る場合のみ、トリートメント効果もあるヘナにしましょう。

紫外線によるダメージも、馬鹿になりません。とりわけ、紫外線量が、一番大変な5-9月には、髪に対する紫外線対策を講じないでいるとまずいです。

髪の毛はタンパク質なんで、紫外線のパワーで。アミノ酸レベルから酸化。髪の傷みになるんです。

よく、サンバイザーをしてるから、日焼けしないなんて、とんでもい。きちんと帽子をかぶって、髪も紫外線から保護しましょう。

なお、マリンスポーツなんかで、紫外線にさらされっぱなしだと、相当マズイです。サーファーって、髪がボサボサだったりするでしょう?

さらに、ドライヤーで、セットしすぎるのも、髪のダメージの原因に成り得ます。出来れば、冷風のドライヤーで乾かしましょう。

傷んだ髪 帽子


水に濡れると髪が絡まるのはなぜ?



髪の毛をシャンプーして濡らすと、絡まるのはどうしてでしょう?髪の毛の絡まる、その原因を、無くせば対処できますよ。

一番大きな原因、それは髪のダメージです。傷むといわゆるキューティクルが開いて、ケバ立っている状態ですんで、当然髪同志が絡みやすくなります。

傷むのは、刺激に成り過ぎるシャンプー、間違ったブラッシング、ハードなドライヤー、紫外線などに、髪がさらされるからです。

では、絡まったかみへの対処法は?

髪が痛まないようにするしかありません。傷んだところは切って、またヘヤケアを見直して、健康な髪が生えるのを待つしかないんです。

ブラッシングスプレーというモノがあって、ブラッシングで、絡まらないようにして、クシ通りを良くしてくれたりは、します。

しかし、あくまで、対処療法的なモノですね。髪自体を健康に出来ないと、絡まったままです。

やはり、髪の負担となるような、間違った、髪に負担のかかるヘアケアを見直してください。

また、ヘアケアをきちんとしても、髪の材料であるたんぱく質や、この代謝にかかわるビタミンミネラルを摂らないでいると、キレイな髪にはなりません。

流行の、マクロビ・ベジタリアンが、髪や肌がやられるのは、明らかなたんぱく質不足だからですよ。


傷んだ髪をごまかす方法


セットや、紫外線、ヘアダイ、パーマ、などで傷んだ髪は、やっかいです。スタイリングが決まらない、見た目が...などの悩みがでますよね?ですので、傷んでしまった髪のごまかし方法を考えました。

だいたい、傷んでる髪は、毛先の方がひどいモノです。傷んでいる・手入れが悪い髪に見られるポイントは、毛先の傷みが目立つ、と言うところだそうです。

そこで、傷んだ髪は、毛先を見えないようにヘアアレンジすれば良いのです。

今は、小さいヘアクリップなど、アレンジグッズが充実しています。髪の毛先を結いあげたとこに、入れ込んで、毛先を隠してしまうんです。

あるいは、刺激の少ないディップなんかで、表面を艶があるように見せます。なんとなく、キューティクルがあるように見えてしまうものです。

同じ理由で、洗い流さないタイプのトリートメントは、髪の中にまで入り込み、幾分ささくれたキューティクルを修復してくれます。

時間があれば、美容院で傷んだ毛先のみカットしましょう。いきなりバッサリは、勇気が要るモノですが、毛先だけならば、それほどでもないでしょう。

ちなみに、髪が長かった平安時代の女性は、髪削ぎと言って、毛先だけ切っていたみたいです。

nice!(40)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 40

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます