So-net無料ブログ作成

若い女性に人気のモロッカンオイルの実力 [ヘアケア]

539523.png


もとは、海外セレブがリピート買いするようになって、若い女性にも人気が出ました。

髪は、意外と乾燥・紫外線など、多くのダメージを、日々受けています。

そうした髪をケアしてくれるのが、モロッカンオイルなのです。

モロッカンオイルとは、最近の基礎化粧品類におけるオイルブームの1つとも言えます。

アルガンオイルが原料の美容オイルです。

加工していないアルガンオイルは、ボディケアに絞っているのですが、モロッカンオイルに加工すると、ヘアケア用と成ります。

アルガンオイル同様に、うるおい成分に加えビタミンが豊富です。

モロッカンオイルを髪に付けたら、髪の内側に浸透して、ダメージをリカバリーしながら、髪にツヤを出してくれます。

別名:最強のヘアオイルと、呼ばれています。モロッカンオイルの使い方は、万能です。

まず、普通な使い方は、洗い流さないトリートメントです。

そして、意外なのは、スタイリング剤に使う、と言うモノ。椿油みたいな感じですね。

あるいは、カラー・パーマをしたい場合、事前にモロッカンオイルを処理していたら、ダメージが最小限で済みます。

そこらあたりは、濡れた髪のドライヤーの前に、モロッカンオイルを塗っておくと、熱からのバリアに成ると言うのとも、似ています。

そして、忘れてはいけないのは、ダメージヘアのケアです。


他にもあるヘアケアにおすすめオイル




トリートメントは、何と言っても、ヘアオイルがオススメ。

髪を内側から、うるおわせて、ツヤのある髪へしてくれます。

ですので、髪のパサつきが気になってきたら、トリートメントはヘアオイルを一択です。

モロッカンオイルが最強ですが、椿油も良いでしょう。

実は、良いシャンプー、もしくはトリートメントで、養分と潤いを髪は吸収するんですが、時間経過と共に、結構髪から拡散しちゃうんですよね。

そこで、そんな困った状態に、ヘアオイルを塗れば、髪から養分と潤いが拡散していかない様、バリアが出来るのです。

あたかも、基礎化粧品で、化粧水・乳液後、クリームで蓋って感じ。蓋をすれば、養分と潤いが、髪の内側に封じ込められて、艶が続きます。

この様にヘアオイルは、養分と潤いをキープするでけでなく、髪をコーティングして、バリアになると言う面も。

案外髪は、乾燥・紫外線・ドライヤーの熱・ブラッシングの刺激と言った、多岐にわたるダメージを喰らっています。

ですので、そんな髪にヘアオイルを塗ると、髪がコーティング。バリアが出来、あらゆるダメージから、髪が守られるのです。

ヘアオイルは、髪をまとまり易くします。

ヘアオイルで、うるおいが出来た結果、髪がまとまるんです。で、好みのスタイリングがし易くなります。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます