So-net無料ブログ作成

子供にも多い抜毛症・・・その原因と対策 [薄毛・抜け毛]

抜毛症になると、髪を抜くのが癖になってしまって、悪いと分かっていたとしても、止められなくなります。

この抜毛症のな原因は、ストレスです。どちらかと言うと、女性の方が抜毛症に、罹り易いとされています。

抜毛症で、髪が薄くなったり、10円ハゲが出来てしまったりしたら、見た目に対する問題も抱えるようになり、深刻です。

そんな時の、薄毛治療は、何から始めたら良いのでしょうか?

まず、抜毛症の本質的治療の為に、薄毛の専門の外来に通うより、先に精神的治療を、講じなければ、抜毛症は治りません。

精神科や、心療内科で、投薬やカウンセリングを受けてください。

精神科も、随分敷居が低くなりましたが、「通院歴」とか、「精神疾患」とか、レッテルが張られそうで気に成る場合は、心療内科の方が行き易いでしょう。

心療内科でも、精神科同じように、精神安定剤とか、必要な分だけ処方してくれます。

そうやって、抜毛症の元に成る精神の負担を無くしてから、薄毛治療を始めましょう。

そうでなければ、幾ら育毛剤や薄毛治療薬を試したところで、髪を抜いてしまうのですから、薄毛は治まりません。

それまで辛いでしょうが、根気良く精神的ストレスを治すのに、全力を注ぎましょう。


抜いて薄くなった部分は元に戻らない?



抜毛症に成ってしまうと、髪が薄くなったり、10円ハゲが出来てしまったりします。

その後、抜毛症で無くなった髪を、元に生えそろう様にするには、どうした治療があるのでしょうか?

まず、女性用育毛剤の使用が考えられます。抜けてしまった髪の回復が期待できるような気がしますよね。
また、女性用育毛剤ならば、どこでも購入できるゆえ、これで抜毛症による薄毛が治るならば、これで済ませたいですね。

女性用育毛剤は、抜毛症の後遺症:薄毛を解消できるのでしょうか?

結果論的に、抜毛症が治癒した後、新たに生えてきた髪の成長促したり、抜毛によってダメージを受けた頭皮を、リカバリーする効果は、十二分に期待できます。

しかし、事態は普通の薄毛よりも深刻です。

髪を抜くと、毛根に傷がいきます。頭皮含む皮膚というものは、非常にデリケートなモノ。

わずかな刺激であったとしも、炎症になってしまって、抜かなくても抜け毛ななる場合があります。

それでも、髪は生えます。

頭皮に蓄積したダメージは、なかなか回復しないので、頭皮環境は悪いままですが。

悪い頭皮環境では、頭皮は硬く炎症に過敏になっています。生えても、細くてコシのない髪です。

そこで、抜毛で傷ダメージを喰らった頭皮環境をリカバリーするのに、女性用育毛剤なのです。

こちらもどうぞ!=おすすめ育毛剤 女性用

nice!(41)  コメント(0) 

nice! 41

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます